閉じる

環境に配慮した設備

電気や水道の使用量を抑えた省エネ設計の設備を採用。

快適な暮らしを楽しみながら。しっかり省エネを実現。環境に優しい住まいを目指しました。
心地よく暮らしながら、しっかりエコ。パナソニックビルダーズグループからのご提案です。

パナソニックが実現した一歩先行くエコ住宅。毎日かかる水道・光熱費も削減できるので家計にもやさしい。

地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を抑えたエコキュート給湯機をはじめ、
節水・節電効果が高い設備を選んで作られた住宅です。
意識をしなくても毎日の生活で地球にやさしく暮らせます。

※掲載数値は、1990年のパナソニック社製同等商品との比較値です。(一部除く)
各商品によって算出条件は異なります。算出の基準については、下記をご覧ください。また、金額は実際の数値と異なる場合があります。

くらしながら、1年間でこんなに光熱費・CO2を削減します。

エコキュート

エコキュートと夜間電力の活用で、光熱費が節約できます。

「水道・光熱費の削減金額」の算出条件 ■家族条件:4人家族 ■比較条件:1990年のパナソニック製従来品との比較(一部除く) ■算出基準料金(税込):電力料金目安単価22円/kWh((社)全国家庭電気製品公正取引協議会)、上水道/下水道料金目安単価265円/m3(東京都)、ガス料金目安単価175円/m3(東京ガスH21.03)、灯油料金目安単価113円/L(石油情報センターH20年平均)※1. ■[全自動おそうじトイレ「アラウーノS」(品番:XCH1101)]室温15℃、水温15℃で、1日16回(大4回、小12回使用)、365日使用した場合で、おしり洗浄1日4回、ビデ洗浄1日8回、男性小1日4回として計算。暖房便座の温度立ち上げ電力量を考慮したパナソニック測定方法で求めた値。暖房便座は省エネ基準(2006年2月現在)による。※2. ■[パナソニック バスルーム「ココチーノ」(New S-class 保温浴槽)]浴槽の湯温は42℃で、1日1回、365日追炊きを使用した場合で、5時間後の湯温低下(6カ月間は半分の湯温低下と仮定)を、保温浴槽:2℃、パナソニック在来浴槽(生産終了品):8.8℃とし、ガス熱量46MJ/m3、浴槽水量240L、給湯機効率0.8として計算。1990年はパナソニック在来浴槽(生産終了品)との比較 ※浴槽の水量は計算に含みません。※3. ■[IHクッキングヒーター(品番:QSSD32AS2)]1日3回、朝昼夜食時の調理に、鉄・ステンレス鍋で365日使用した場合。※4. ■[照明器具(居室照明・ベース照明LED)]器具毎に1日あたりの動作時間を設定。1990年の同等商品等の比較。※5. ■[断熱材:次世代省エネ基準、YKKAP製APW310+Low-E複層ガラス]断熱材:新省エネ基準、1990年のアルミサッシ+単板ガラスとの比較 ●消費電力:使用ソフト:SMASH(住宅の熱負荷計算プログラム)/(財)IBEC●気象データ:2000年度版拡張AMeDAS標準年気象データ(東京) ●空調設定:暖房設定温度:20℃、冷房設定温度:27℃、冷房設定湿度:60% スケジュール:(社)日本建築学会各部屋の内部発熱等の発生時間による ●空調期間:暖房期間:11月5日~4月18日(「日平均外気温の平均値15℃以下」の期間)冷房期間:4月19日〜11月4日(暖房期間以外の期間)●住宅:PB-V標準プラン※実際の水道・光熱費削減金額は、ご使用状況やご使用地域によって異なります。※算出条件や本条件とともに算出した削減金額は、商品カタログとは異なる場合があります。

  • 家計へのお役立ち 水道・光熱費節約
  • 地球環境への配慮 CO2削減
  • ひとへの思いやり おそうじラクラク

オール電化(水道・光熱費節約/CO2削減)

暮らし広がる。さらに快適。パナソニックのオール電化。

オール電化住宅とは、家で使うエネルギーを電気でまかなう住宅です。安全性・クリーン性・操作性・効率性の面で優れています。

エコキュートは大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べ電力消費量約3倍。

■高効率&夜間電力で、電気代がお得です。

大気の熱を効率よく利用してお湯を沸かすため、電気代が少なくてすみます。
しかも割安な夜間電力を使うため、給湯コストを大幅に削減できます。

夜間電力でとっても経済的。ライフスタイルに合わせて電力契約タイプを選べます。

おそうじラクラク

新しい技術とアイデアで水まわりのおそうじ力をアップ。

おそうじラクラク宣言

家事の手間を減らして毎日をもっと楽しんでいただけるように。
キッチンやお風呂・トイレをはじめ、家じゅうの様々な設備にお手入れを簡単にする機能を搭載。
ラクしてきれいをキープできます。