閉じる

つむぎえ

  • きれい上手の家
  • 家事上手の家
  • 子育て上手の家
  • あかり上手の家

Life Style PLUS まず住まいのベースに、ひとつ上の品質を。それが、つむぎえクオリティ。

くつろぎを深く、つどいを楽しく。光に、今まで以上の役割を。

落ち着きある光で、くつろぎをもっと深く。
メリハリある光の演出で、語らいやつどいをもっと楽しく。
照明を自由に使えば、暮らしはもっと豊かに快適に。
あかり上手な家は、暮らし上手な家になります。

〈 スペシャル設備 〉

  • Living Dining ワンタッチで、シーン別のライティングが楽しめる「リビングライコン」

    ダイニングのペンダント、リビングやキッチンのダウンライトなど、複数の照明を組み合わせれば、
    様々なあかりの演出が可能。でも、毎回毎回、それぞれの光を設定するのは大変。
    そこで、時刻やシーンごとのあかりのパターンを記憶し、ワンタッチで切り替えができる「リビングライコン」をご用意。
    いつも最適のあかりを簡単に楽しめます。

電気設備

  • 全室照明器具付き

    あかりで
    暮らしを心地よくします。

    全室照明器具付き

    ベース照明だけでなく、全室に
    パナソニックのLED照明器具を
    採用しました。

  • リビングライコン

    あかりパターンを記憶、
    ワンタッチで切り替え。

    リビングライコン

    お気に入りのあかりパターンを記録できるので、いつでもワンタッチでシーン切り替え。各あかりの調光も4つまで記憶できます。

  • シンフォニーライティング

    光のチカラを組み合わせて、くらしをもっと心地よく

    シンフォニーライティング

    光には、心や身体を快適にするチカラがあります。光を巧みに組み合わせることで、そのチカラは、単なる「足し算」以上の可能性を持ち始めます。
    家族が幸せに。くらしと空間を心地よくするために。あなたと光を響き合わせる、パナソニックの科学。それが、シンフォニーライティングです。

あかり上手の家 lighting Design

あかりを自在にデザインすれば、気持ちも自由にデザインできる。

光が変わるだけで、気持ちは変わります。照明を変えるだけで、インテリアの印象も変わります。
そんなあかりの可能性を科学して、目的や時間帯によって自由に最適に空間を照らす照明システム、
シンフォニーライティングを採用した「あかり上手の家」。
上手にあかりを使いこなせば、暮らしは心地よく変わります。

〈 シーン提案 〉

  • 例えば、リビングなら…光を固めず、くつろぎを広げる。

    例えば、リビングなら…光を固めず、くつろぎを広げる。

    家族そろって一緒にくつろぐためには、適度な明るさが大切。
    一カ所に光が集中してまぶしくならないよう、
    うまくあかりを分散させれば、家族のくつろぎ感は高まります。

  • 例えば、和室なら…低めの間接光で、上質の和の空間。

    例えば、和室なら…低めの間接光で、上質の和の空間。

    床の間など、視線の置き場がある和室は、
    照明の演出が楽しみやすい空間。
    例えば、低い位置に間接光の穏やかな光を据えて、
    明るさの高低をつくれば、落ち着きある上質空間が生まれます。

  • 18:00 食事

    18:00 食事

    食事のメインステージは、テーブル。
    ダイニング全体の明るさを落とし気味にして、テーブルの上の光を強調すれば、家族がつどう暖かいムードをつくれます。

  • 19:00 だんらん

    19:00 だんらん

    リビングテーブルに光を集め、ダイニングのあかりを少し残して、空間全体を包み込むライティングに。
    つどいの中心をつくり、安心感を高めます。

  • 20:00 シアター

    20:00 シアター

    映画などの鑑賞には、部屋全体の明るさを抑え、テレビに意識を集中させて臨場感をアップ。
    テレビ背面の壁を画面程度の明るさで照らせば、目の疲れを抑えられます。

  • 21:00 くつろぎ

    21:00 くつろぎ

    壁面や天井にやわらかな電球色の光を回し、落ち着いた雰囲気を演出。
    スタンドで低い位置に光のポイントをつくれば、くつろぎがさらに高まります。

閉じる