DSC_0085_1

つれづれ日記vol.5

営業の望月です。                                今回のつれづれ日記は海バージョンです。                 場所は神奈川県横須賀市の海岸で、葉山より少し南側の漁港です。

この漁港では以前からよくアオリイカが釣れています。          アオリイカは満潮前後の潮がよく動いている時が釣りやすいようです。当日の満潮は18:00でしたが、現場に到着したのは20:30。   DSC_0071

海は真っ暗です。                                 満月の月明かりを頼りに防波堤にある消波ブロック(テトラポット)の上を移動しながらの釣りです。満潮から2時間経っているため大潮(潮の干満の差が一番おおきい)により水面はだいぶ下がっていました。アタリらしいアタリもなく、ただ波の音と月明かりを楽しみながらキャスト(仕掛けを投げること)を繰り返していました。

AM12:00。                                    何もきません。さすがに眠さには勝てず、足元も悪く危険なため車へ戻ることに・・・・・・。                                 こうなると一匹も釣れず帰るのは納得がいかず車中泊を決意。    朝の満潮は5時。                                     「そこにかけよう!!」と気合を入れるため「プシュッ」と350ml缶ビールを飲みほし「さあ、寝るぞ!!」。                      ところが眠くても車中は狭く息苦しく眠れません。             結局、3:30まで車のなかでゴロゴロ。                    満潮より1時間前には堤防に立ちたかったため「いざ!出陣」。                        30分くらいキャストを繰り返したでしょうか。何かがチョンと触れた気がします。仕掛けを巻き直し、改めてキャスト。                「イカちゃんだったらいいなぁ~、早くこないかなぁ~」          「チョンチョン、グー」。                          おっ!!                                      竿を強めに合わせたところ、ジー、ジー、とリール糸が10M位引き出されてしまい「ん?これはでかいぞ」。慎重に慎重に巻き上げます。

ようやく足元に寄せ、無事取り込みました。

ついにやりました。

経験上このイカはおよそ1.5Kg以上と思います。釣りたてなので身は透明です。

DSC_0081_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイカの足を見て頂くとわかりやすいかもしれませDSC_0084_1ん。         大きさもわかりずらいので350ml缶と並べてみました。

さぁ~今日はイカの刺身だ!

DSC_0088_1

 

 

「よし、この勢いでもう1杯つるぞ!!」DSC_0072_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく見とれていると陽ものぼり足元もよくみえるようになりましたDSC_0075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、イカとは違った変アタリがありました。DSC_0086_1

あげてみると、なななんと!!マダコのはっちゃんです。         大きさにして400~500gくらいでした。

この後が大変です。吸盤で手にくっつくはでクーラーに入れるのは  一苦労でした。この日の晩はイカ刺しとタコ刺しでばっちり呑んでしまいました。